2011年06月29日

強迫性障害 セロトニンを使わずに治療する方法 効果

自分のやっていることが自分でも理解できず、精神的に参ってしまっていたとしても、

症状を受け入れられるようになり、やらずにはいられなかったことが、どんどん少なくなっていきます。



一時になると、いてもたってもいられず、自分を抑えきれずにいたとしても、

普通の生活に戻ることができ、周囲に迷惑をかけることがなくなります。



強迫性障害の症状を軽くしていくためには、まずは、自分が病気であることを受け入れることが大切です。


自分は病気であることも気づかない人もいるものですが、

治療を始めるにあたって、認知行動療法の考え方は必要になってきます。



あなたも、適切な治療さえ実践していくことができれば、気持ちが今以上に落ち込むことなく、

症状をどんどん改善していくことができます。





時間もお金もかからないのに、見違えるように心が軽くなっていく治療法を試してみるにはこちら


posted by 鈴木進 at 16:16| 強迫神経症克服バイブル 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。