2012年11月07日

強迫観念 原因と症状

症状の程度や、発病からの経過時間などに全く関係なく、7日もあれば症状が劇的に改善してしまう鈴木進さんの治療法は、

内容を整理してポイントを挙げていくと↓のような感じです。



■リラックス感を簡単に得られるようになるケア

■途中で挫折する確率を低くする簡単ケア

■薬を使わず病院も行くことなく自分でできるトレーニング

■一般的治療の方法と、そのメリット・デメリット





強迫性障害や強迫神経症は、症状が統合失調症やうつ病とよく似ているため、

お医者さんでも診断を間違ってしまうことが多く、無駄に治療期間が長引いてしまうケースが少なくありません。



しかし、適切な治療法を実践することができれば、病院に通うまでもなく、簡単なことで治すことのできる病気で、

静かで横になれる所であれば場所を問わずどこでも自分でトレーニングをすることができます。



kyouhakusuzuki01.jpg
時間もお金もかからないのに、見違えるように心が軽くなっていく治療法を試してみるにはこちら




posted by 鈴木進 at 08:48| 鈴木進 評判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。